メルシーポット感想レビュー!買って良かった育児用品として人気♪

以前、娘が風邪をひいてしまって、
急いで電動鼻水吸引器の
メルシーポット(S-503)を購入しました!!!!
口コミでも買って良かった育児用品としても
人気ですよね~★
初使用で娘は音にビックリして大泣きしましたが、
中耳炎にもならず風邪はすぐ治りました(*^^*)
通販でおすすめは楽天です!
ポイントもたまってとってもお得です♪
15時までの注文で即日配送してくれます。
感想レビューも書いているので、
ぜひ見ていってください。

★★メルシーポットの感想レビュー★★

メルシーポットは旧型(S-502)と新型(S-503)があります。

私は、新型を購入しました☆

S-502(旧型)と比べると
部品が少なくなっている
のが、
とっても魅力的でした。

お手入れが簡単になるので、
使用した後の後片付けも
とっても楽でしたよ~。

ホースは使用した後に、
クリア泡スプレーで
ホースの中に泡を入れて放置して流しました。

クリア泡スプレーはマグのストローの洗浄にも使えるので、
日常使いにもおすすめです。

初めて使用した時は、
娘が8ヵ月頃でした。

付属のノズルで問題なく使用できました。

音が大きかったので、
娘はビックリして、
逃げ回って大変でした。
デメリットは音が大きいことですかね。

ベビちゃんクリップというものが
ホースについていて、
※ベビちゃんクリップは、
 ホース部分を一時的に抑え、
 離した瞬間に一気に吸引ができるクリップです。

これのおかげで、
もの凄くよく鼻水が吸引できました☆

吸引に関しては、文句なしです!

サイズもコンパクトで、
収納の場所をとらないのが良いです☆

私は100円均一で購入した入れ物に入れて
収納しています!!!!

ホースは洗浄して乾かした後に、
ジップロックに入れています。

ホースがシリコン素材なので、
そのままだとほこりがつく
のが嫌なので、、、。

こんな感じです↓↓

風邪の時に、
鼻がつまると寝苦しかったみたいで
夜に起きる回数が多かったですが、

メルシーポットを使ってからは、
娘もよく眠ってくれて、
私も眠ることができました。

風邪の後に中耳炎になることもなかったです。

買って良かった~!と思える育児用品でした。

口コミ評価はどうなの??

・手元に届いてさっそく使いましたが、
 びっくり!口で吸いだすやつなんて足下にも及びません!
 本当に耳鼻科レベルで吸い取ります。
 べびちゃんクリップを使えば、奥の方にある鼻水もスッととれるので、
 こっちもスッとします(笑)
 音が気になるという方もいらっしゃるようですが、
 私は音は気になりません。(個人差があるんですね)

・上の子が幼稚園で風邪ばかりもらってくるので、
 産まれたばかりの二人目の子どもの為に購入しました。
 病院でする吸引と違って、
 奥まで管を突っ込むタイプではないので、
 鼻が痛くて泣くようなことはありません。
 生後1ヶ月の我が子も吸った後はとても楽になるようで、
 吸っている最中はびっくりして泣きますが、
 終わればケロッとしています。

・鼻炎のお子さんがいる方は是非おすすめします。
 息子2人が耳鼻科通いしてますが、
 夜寝る前に吸ってあげるだけで、
 喉に鼻水がいくのを防止してくれます。

 かなり重宝しています。

・耳鼻科通うも夜中に鼻詰まりで吐く日々が続き、
 夜中にポチッと購入しました。
 さっそく使いましたが、奥まで吸えました。
 耳鼻科の吸引力を想像しちゃってたので、私的にこんなもんかな。
 って感じなとこもありますが。
 2日間ほど使用したら、鼻スッキリ!になりました。

 買って良かったです。

口で吸うタイプは使い方が悪いのかうまく吸えず、
 子供は大泣きして暴れて大変でした。
 こちらの商品は値段のせいで旦那に反対されていたのですが、
 夜に寝苦しそうにしてるのがかわいそうで勝手に購入。

 電源を入れたら音にビックリして子供は大泣き、
 私もモタモタしてしまいましたが2回目には要領が分かり、
 今では子供も終わった後にはスッキリするのか、
 不思議そうな顔をしてます。
 買ってホントに良かったです。

さいごに

メルシーポットはお手入れのしやすさや
コンパクトさで新型がおすすめです。
ベビちゃんクリップでもしっかりと吸引することができます。
小さい子どもは自分で鼻をかめませんよね。
少しでも苦しさを改善してあげることができるので、
私は買って良かった育児用品だと思っています。
中耳炎になると耳鼻科に通ってママも大変になります。
忙しいママにメルシーポットおすすめですよ。
楽天ですとポイントもたまってお得ですよ~!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする