バラの花束の翌日配達の通販配送はここ!産地直送の花屋さんもあります


ネットニュースで最近の卒業式にはJKに
バラを100本贈るというのを見て仰天しました。
時代は変わりつつあるんだなと、ひしひし感じています。
昔はプロポーズでバラの花束が定番でしたよね。
男性の方は普段なかなか花屋さんに足を運ぶことはないと思います。
花屋さんでバラ100本注文するのが恥ずかしい方、絶対いると思います。
おすすめは楽天の通販です!!!!
女性も喜ぶバラの花束、本数指定ができて
評判の良いお店の口コミをまとめてみました。
翌日配達できる産地直送の花屋さんもあります。
配送先を彼女の住所にしてサプライズ!も良いかもしれませんね。
用途に合わせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

期間限定!数量限定のお求めやすいバラの花束

★バラの花束50本で4980円(税別)
★50本以上から本数指定ができます。1本130円(税別)
★バラの色が指定できます(赤はプラス1000円)
★50本以上108本まで指定日配達可能です。
★送料は700円(沖縄と北海道は配送不可です。)
★期間限定の販売です。

東京都心で赤いバラの花束100本注文→13,180円(税別)
(4980円+追加50本6500円+赤色1000円+送料700円)

口コミは?

・丁寧に梱包されていて、すぐに渡せられる状態でした。
・お値打ち価格だったので利用しました。喜んでもらうことができました。
・満開のものや五分咲き、七分咲きなどありましたが、全体的に綺麗なバラでした。
・花も茎もしっかりしていて見事なバラでした。
・値段もお安く、ボリュームもあったので大満足です。
・すごく綺麗でラッピングも綺麗でした。機会があればまた利用したいです。
・追加料金をだしてでも赤い色にした方が見た目もボリュームもしっかりでると思います。
・花は少し小ぶりな印象です。1週間持つくらいの鮮度です。

急ぎでバラの花束が欲しい方

★20本以上から好きな本数まで本数指定ができます。1本200円(税別)
★愛知県(花の生産量が日本1)のお店なので、産地直送で新鮮なお花をお届けしてくれます。
★バラの色指定ができます
★送料無料(北海道へは600円プラスです)
★あす楽配送(14時まで受付)

東京都心で赤いバラの花束100本注文→20,000円(税別)
☆新鮮なバラであす楽対応なので、急ぎで欲しい方におすすめですね。

口コミは?

・他よりもお値段は高いですが、街の花屋さんで買うよりはリーズナブルです。
・痛みや変色、枯れなどもなくとても綺麗な花束でした。
・お店の対応がスピーディーでとても助かりました。
・ボリュームもしっかりあり、色も濃い赤でとても良かったです。
・3週間くらい長持ちしています。びっくりする新鮮さですね。
・電話での対応もすごく良かったです。安心できるショップです。
・ラッピングも豪華で、贈り物にはピッタリです。
・お花がしっかりしていてとても満足しています。
・バラの香りが少ないように感じたのでそこが残念です。

ラッピングが選べるお値段お求めやすいバラの花束

★30本~100本まで本数指定可能です。1本140円(税別)
★バラの色「真紅」か「ピンク」を選ぶことができます。
★指定日は1週間後からなので、早めの注文が良いと思います。
★ギフトラッピングでかわいい系とシック系を選ぶことが可能です。

東京都心で赤いバラの花束100本注文→14,000円(税別)
お値段がお求めやすいので、金額を抑えたい方におすすめです。

口コミは?

・他のお店よりお値段がお求め安くて良かったです。
・花も立派で状態も良かったです。
・シックタイプのラッピングを希望しました。上品でよかったです。
・ラッピングがとても綺麗でした。赤いバラにシックのラッピングは相性が良いですね。
・お店の対応も親切丁寧で好感が持てました。
・赤いバラは、真っ赤ではなくて少し暗めの落ち着いた赤色でした。
・ピンクのバラは薄い上品なバラでした。高齢の方に贈るには白に見える可能性もあるので気を付けた方が良いです。

さいごに

街のお花屋さんで購入するよりも楽天通販の方が
お求めやすいという口コミを多く見かけました。
通販でもお店が色々とあります。
格安が良い方や急いでいてなるべく早くという方もいますよね。
見比べて、ご利用にピッタリなお店が見つかると嬉しいです。
格安が良い方は1店舗目か3店舗目
産地直送で翌日配達が良い方は2店舗目がおすすめです。
楽天ですと、楽天ポイントがたまってお得ですよ。
送料無料のお店はなかなかないので、要チェックです!!
バラの花束はプロポーズやプレゼントにも
女性は喜んでくれると思います。
素敵な日になりますように☆

クリック!!>>【バラ風呂セット】おすすめは〇〇入り!詳細記事はここ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする